関メタルアート作品募集について

メタルアート展示とコンテストについて

応募されたメタルアート作品について、関商工会議所での展示とコンテストの実施を行います。芸術部門では、会場に展示された作品を審査員が審査します。人気部門では作品を写真もしくは3Dで掲載しWEBやSNSでの投票を行います。

応募期間

2022年8月1日(月)~9月10日(土)
※9月10日(土)必着にて作品を発送ください

9月11日(日)~9月26日(月) 二次募集期間

9月10日(土)までに応募いただいた作品は、先行でWEBやインスタグラムに掲載されます。第2次募集期間に応募された方は、その後掲載となります。(人気部門での投票期間が短くなります)

※関メタルアート2022の作品募集は終了しました。

募集内容

作品の70%以上が金属である造形作品

*テーマやジャンルは不問
*デジタルのみの作品は不可
*オリジナル作品に限ります。(二次創作品は審査対象外となります)
*コンテスト未出品の作品に限ります。
*複数作品応募可能

参加方法

①お申込みバナーのリンク先の応募フォーム送信
②提出物を下記提出先まで発送もしくは直接搬入(直接持込要相談)
※2点(あれば3点)の提出物を必ず入れてください。

〒501-3886 岐阜県関市本町6丁目24 TEL:0575-46-8035
特定非営利活動法人 せき・まちづくりNPOぶうめらん内
関メタルアート2022作品受付係

提出物

  • 作品
  • 作品を紹介する写真(人気部門で掲載します。芸術表現の範囲内であれば写真加工も可。)
  • 作品展示の際に掲示する活動紹介パネル(あれば)

*作品サイズは幅80cm x 奥行80cm x 高さ100cm以内
*重さは一人で運べる重さ(15kg程度まで)
*転倒・破損しないものにしてください。火気、危険物、電気の使用はできません。
*お申込みフォームでの写真フォーマットはJPG/JPEG、PNG、HEIC形式に対応しています。
*フォームでの写真の容量の上限は10MBとなっています。

※関メタルアート2022の作品募集は終了しました。

参加資格

誰でも応募可能です。(個人・グループ問いません)
ただし応募作品を主催者が3D化し、主催者側でNFTアートとしてアート化・利用・販売することに許諾でき、NFTアートの利用権について行使しないことを許諾いただける方

参加費

ありません。ただし作品発送と返却の送料についてご負担いただきます。直接お持ち込みされる場合は不要です。

賞について

大賞(芸術):賞金100,000円、賞状、参加メダル
大賞(人気):トロフィー、賞状、参加メダル
準大賞(芸術3作品):賞状、参加メダル
準大賞(人気3作品):賞状、参加メダル
佳作賞(芸術5作品):賞状、参加メダル
佳作賞(佳作5作品):賞状、参加メダル
参加賞:参加メダル

芸術部門審査員について

米山 より子
東京藝術大学大学院美術研究科彫金専攻修士課程修了
現在 名古屋芸術大学 教授 芸術学部芸術学科デザイン領域メタル&ジュエリーデザインコース

傍島 幹司
洋画家
岐阜大学美術工芸科卒業後、愛知県立芸術大学院へ
伊藤権廉記念賞大賞を受賞
ACT大賞展受賞(東海市)
第37回昭和会展昭和賞受賞
三甲美術館大賞特別賞受賞その他さまざまな受賞歴あり。

堀部 資宏氏
令和4年度 関商工会議所青年部 会長

芸術部門審査について

審査は金属の輝きや、曲げなどの加工特性を活かし、独創性や技術性、芸術性に富んだ芸術作品を重視します。

人気部門審査について

人気投票はWEBのビューワー数やいいね数、Instagramでのいいね数を合算し、総合的に順位を決定します。

著作権について

  • 応募作品の著作権・所有権は応募者に帰属します。
  • 選考風景、入賞作品の発表およびカタログ・広告・ホームページ・その他の印刷物としての掲載や出版、展示に関する権利は主催者が保有するものとします。
  • 応募者は、主催者が応募作品を二次著作物として3Dデータ化しアート化(以下アート化された3Dデータ)することを許諾ください。
  • 応募者はアート化された3Dデータについて、NFTアートとして利用し販売することを許諾ください。
  • 応募者はアート化された3Dデータについて利用権を行使しないことを許諾ください。

NFTアートの販売について

応募作品をフォトメタグラフィーにより3D化しNFTアートにします。またNFTアートについては、OpenSeaにて販売を行い、収益の70%を応募者に還元します。残り30%はNFTアート出展手数料や関メタルアート継続のための運営費とします。

その他・免責事項

  • 作品の展示・保管・移動については万全を尽くしますが不慮の破損・紛失につきましては責任を負いかねます。
  • 関メタルアート2022の事業内容について、新型コロナウイルスの流行状況や災害など予期せぬ事態が発生した場合は、事業内容の変更や事業そのものが開催できなくなる可能性があります。また変更による生じた費用は主催者は負担できかねます。

よくある質問

Q 応募した作品をSNSなどで拡散したい

A 応募した作品についてぜひ拡散ください。ただし他の方の作品については応募者の方に著作権があります。#関メタルアート2022 といったハッシュタグをつけていただけますと大変ありがたいです。人気部門の審査に影響があるいいね数は関メタルアート公式webサイトの写真、関メタルアートのInstagramのいいね数となります。ご留意ください。

Q 二次創作品を出品したい

A オリジナル作品をお待ちしております。

Q 小学生部門はなくなってしまいましたか?

A 今年度のメタルアートにつきましては、小学生部門はありません。年齢関係なく、一人のアーティストとして審査をさせていただきます。

Q 刃物まつりと同日開催ですか?

A 刃物まつりと同日開催です。

Q NFTアートの部分がよく分からないです。

A 応募者の皆様は作品を作り応募されるだけで大丈夫です。3D化については主催者側で行い、NFTアートとして販売の手続きについても主催者側で行います。NFTアートの取引がされた場合、販売額の70%を応募者の皆様に還元いたします。(30%についてはNFTアート出品手数料、今後のメタルアートの運営費にあてさせていただきます)

ただ光沢のある金属という素材は、技術的な理由により3D化がどうしてもうまくいかない場合があります。この場合は応募者様と相談の上、3D化、NFTアートとしての販売・利用をやめる場合もあります。